<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

貧すれば鈍す?地域おこし協力隊で考える

 貧すれば鈍す、当座は良くなった、でも、その後はどうするの?
 まあ、そんなことを考えさせられたある地域の地域おこし協力隊の実情。

 そもそも、今年度で第1期生の3年間が終わる。で、志を持って島根の地にやってきた若者はその後どうするのか?地域は、そんな志を持った若者をどう支えていこうとしているのか。ずっと気にかかっていることでした。
 僕の親しくしている地域おこし協力隊の何人かは、とても悩んでいる。彼らは任期の終わる3年後が全く見えないから。
 確かに、癒しを求めて、今の仕事よりずっと楽そうだし、収入も良い。とりあえずトラバーユしよう(女性だけではなく)という隊員もいるようですが、問題は志を持つ若者たち。

 ということで、ずっと気にかかっていた地域にお邪魔し、隊員、地域の人、隊員をサポートする集落支援員の人たちと意見交換をしてきました。
 まず最初に、隊員はかわいそうだよなあと思うし、任期の終わる来年度、仮に地域に受け皿ができても残ることはないだろうと思います。また、新規の隊員もいつまで続くのかと。

 お邪魔した地域、彼らの仕事は、草刈と福祉タクシーの運転手、それと農業の手伝い。
 君たちも承知できたんだろう?
 違うんですね。募集は総務省のお題目がそのまま掲載され、面接でもそんな話はなかった。
 集落に配置されて1週間、何か違う、と思ったと言うんですね。

 確かに、昨年夏、この自治体の役付担当職員と話した時、役場としては何のプログラムもない。手を上げた地域、その地域の要請のある仕事をしてもらう。多くは、高齢化で人出がないので草刈や農業の手伝いですと。
 その自覚があるので、それが応募者に伝えられているかというと全く伝わっていない。
 じゃあ、受け入れ側の集落はというと、人選するための面接時には立ち会うこともできない。
 つまり、地元の意向は、配置されて初めて隊員に伝えられる?いや、自然に隊員が悟る?

 俺たちは、草刈の人手を求めて手を挙げたんだから、君たちはその仕事をやっときゃいいんだ!と。これは、隊員の口から聞いたことではありませんが(念のため)。
 でも、彼らをこのまま去らせちゃいけないという意識があるようで、彼らが仕事できる環境を整えようとNPOの設立に取り組んでいる。でも、そのNPOについて隊員たちとの意識共有は図られていない。

 地域おこしという題目、地域の中でもそんなことを期待する人たちはいる。
 しかし、隊員らの仕事は、地域の人たちの後継者である若者でさえ嫌がる草刈り。
 地域おこしという仕事、それは自分たちのオフに考えてくれ。それは、君たちの将来のためでもある。

 その理屈はとてもよくわかります。彼らにも甘えがあるかもしれない。それくらいの社会経験を積み、志を持ってきたんだから、自分たちの力でやるんだ!なるほど。
 甘えだと断ずることは簡単。でもなあ、初めて直面する仕事がやったこともない草刈り。ひたすら草刈り。そこで、地域おこしという大きな課題にオフに取り組め。
 もちろんできる人だっていますが、モチベーションがないとできないよなあと思います。

 僕なら、さっさと尻を捲くるなあ。でも、それをしないところが今の若者?正直、彼らはすごいと思いました。
 志ある彼らに、せめて立つ瀬を与えてやりたいなあと思います。
 彼らの青年時代の貴重な3年間、残るものがなかったと思う隊員が一人でもいたら、それは、島根への評価にダイレクトにつながる。

 もっと怖いと思うのは、折角人手が確保できた地域が、事業が終わりになってまた同じ思いをする。いや、それは、一層の負担感となって地域に覆いかぶさるはず。
 こんな事業であるならやらないほうがいいと思う僕は、やはりおかしい?
スポンサーサイト

| 地域振興 | 23:51 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/11/01 07:16 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/10/02 09:04 | |

槍玉に応えて

しろねこさん

メッセージありがとうございました。
読ませていただきました。
そういうこともあるかも知れませんね。

お問い合わせのこと、まだお会いする段取りに至っていません。
お会いできて、お話をする機会があればわかることだろうと思います。
ネット社会の辛いところは、字面しかわからないというところです。
話は、顔を見てしっかり聞いてみないとわかりません。また、片方からだけでも真実は見えません。

よく心に銘じていきたいものと思います。
ありがとうございました。

| 管理者 | 2013/09/26 00:35 | URL | >> EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/09/25 23:35 | |

まつたけさん

改めて、県の実態把握の状況と認識を確認したいと思っています。
ありがとうございました。

| 管理者 | 2013/08/26 23:18 | URL | >> EDIT

敗者の声

ご無沙汰しています。
久しぶりに来てみたら盛り上がっていますね。

この制度、敗者の屈託や言い分はたくさんあると思います。
総務省のHPにはいいことばかり書いていますが。
近所の自治体でも、ハローワーク以下の条件提示で人が集まらなかったり、せっかく来てくれても集落の奴隷(草刈、野焼)で嫌気が差して辞めていく隊員は多いです。
M町さんでは議員さんたちと協力してよい形を作って欲しいと思います。

| まつたけ | 2013/08/26 23:04 | URL | >> EDIT

えふさん、思いのたけをありがとうございます。

地域は、選別されつつあるんだろうなあと思っています。
いずれ大きく時代は変わり、改めて地域に人が住みだす、住まざるを得ない時代が来ると思いますが、意外と人は小賢しくて問題を先送りするのがうまいのかもしれません。
先送りしている間に田んぼや畑が山に帰り、家屋は朽ちて集落が消えて行く。
国も県も市町村もさまざまな手立てを考えて取り組んでいますが、所詮人次第。
しかし、さまざまな手立てもひょっとしたら、地域によっては自立する力を削ぐことになるかもしれない。
何とかしてくれるんだから、もっと外注化しようということでしょうか。
M町の出来事は、そんな典型かもしれませんね。

プロデューサーも、呼ぶ側の意識があるかどうかで、投入するエネルギーは何倍も違うのでしょうね。それも、奏功するのかどうかも保障の限りではない。
M町で、例えば“スタジオL”にでも、何かのプログラムをお願いしようかと言うくらいのエネルギーがあれば…

参議院選挙でも終われば、お邪魔できると思いますので、下記にメールを頂ければ。
o-mis★mable.ne.jp ★を@にてお願いいたします。

| 管理者 | 2013/06/28 16:41 | URL | >> EDIT

某隊員から、「昔と変わってない、なぞです」ってことでこのブログの情報提供があったので参戦します。おそらく、それはM町の話だろうと思うわけですが、まさにそこの現役隊員えふです。

M町に昨年の10月に赴任した時から酷いものでした。まず直前になって住むところが怪しくなってきて、準備ができないとのこと。私はこの時、準備ができなければそちらには行けないので、協力隊の仕事はキャンセルにして今までの仕事に復帰できるようにしてくれと担当者とメールでやりとりしました。結局は半年の仮住まいの住居提供となる。しかし行ってみれば半年ではなく1ヵ月で近くの民家に移ってくれとのこと。その1ヵ月で移った民家も貸主の荷物が家の半分を占め、今に至ってもまともに住めない状況。通常の賃貸契約ではありえない。基本的に人を舐めてかかってるという意識で対応しています。

地域おこし協力隊に表向き求めているものは、総務省が募集時に記載している幅広い項目、地域の生活支援から、新規事業開発まで。しかし実態は今いる人たちの現状維持、メンテナンス活動。特にNPOになってからは酷いようで、NPO職員扱い。本来の身分は特別職地方公務員になるはず。そういう意味で現在、状況を改善すべくNPOにたて突いている状態です。それらに関していくつかの質問を書面で出しましたが、明確な回答は3ヵ月ほど経った現在もなし。例えば、「この町をどうしてゆきたいのか」とか「我々に草刈を求めているのか、町のこれからをどうするのかを考えるための人材なのか」とか「レクチャー無しに野焼きさせたり草刈させたりするが、どうなのか」とか。法的にもグレーな部分はかなりあると考えてます。「スズメバチにはどう対応するか」とか「もし熊に出会ったときどうするか」とかいろんなことが考えられるのです。きちんと回答がないこともあり、それを逆手に私は暗に草刈はやってません。

町やNPOにも温泉復活の事業化の企画概要など出してますが、「出来るの」とか、「私らのところの地域外だから無理」みたいな消極的な空気。ワサビ棚を作ろうとかの話も、NPOの仕事外の時間でやるような雰囲気だし、地権者との交渉も特に手伝ってくれるわけではなく、「(遠方の)息子さんにも話しとけよ」とつれないもの。

何かやりたいって、この町に来ている隊員や隊員じゃないけど志を持ってきている人もいる。だから根本的に、町に無意識に漂っている「郷に入れば郷に従え」という意識から、「郷に入ってみんなでコラボレーション」という考え方へ変えていかないと誰も来ないと感じます、特に都市部に住んでいる人は比較対象できる知恵付けてますから。元々住んでいる自分たちが主で、入ってきた人たちを従属させることではなく、それぞれが得意分野を持っていてそれを活かし延ばしてゆく「対等の立場」での協同ができるようにしむけているつもりで日々喧嘩してるのですが、染みついた意識はそう簡単には...。そういった意味で、マスコミなどが良く使う「町おこしは住民が主役で、ニューカマーは脇役です」ってのは間違った認識だとここでも言ってます。言葉を返して「じゃあ主役だったら、何故今まで出来なかったのですか?」と。町おこしは「適材適所で魅力を引き出すこと」「その魅力をアピールする」だと考えています。そういう意味でこういった自己主張がない町では、強力な権限を持った魅力の審美眼を持ったプロデューサーが必要。好き、魅力がある、心地いい、そんなところには勝手に人は来るし、勝手に住むものだと思います。そのベース無しに定住に力を入れても全く意味がないわけで。誰も居なくなるってことは...言わずもがな、です。大局的に見て草刈りやってる本当は暇なんてないんです。本当に人がいなくなったら草ボウボウになってしまうのですから。

一度、議員とはお話をしたいものです。

| えふ | 2013/06/27 10:28 | URL | >> EDIT

まつたけさん

おっと!検索続きですね。
それはそれとして、聞く身は辛い!です。

今日、ではなくて昨日になりましたが、上田でお会いした大塚先生が酷い地域と思えるところからのオファーで講演に来るんだそうです。
きっと食育テーマだと思いますが、全部がダメというのでも、全部が良いというのでもない。
結局人次第。思いを持った人をどう育てるか、そんな課題を改めて突きつけられた思いです。

改めて議会でも取上げたいなあと思っています。

| 管理者 | 2013/02/01 02:11 | URL | >> EDIT

同じです

私もOBです。
検索で来ました。

こちらも同じような状況でした。
草刈、農家の手伝い、送り迎え、必需品の行商。

3人の隊員のうち2人は中途で辞めました。
残った一人は他に行くところがないからと・・・。
これから任期満了後に放り出されることになりますが、
3年のブランクとこの不況で再就職は難しそうです。
そして集落は私たちが来た頃より更に転出、老衰で
人口減。
私たちは何だったんでしょう。

| まつたけ | 2013/01/31 22:13 | URL | >> EDIT

しいたけさん、現場からの率直な思い厳しく受け止めました。

きっと、お世話になるほうの現場では、違った思いを持っている皆さんは多いと思いますが、志を持って入った協力隊に一人でもそんな思いを抱かせる、島根の人間としてかなり辛いです。
成熟した地域社会をどう構築するのか、そんなに単純で簡単なことではないと思いますが、そこを進めないと一周遅れのトップランナーにはなれないだろうと思っています。

どこも経験したことのない課題に直面する島根は、トップランナーです。
中国はじめアジア地域も、発展途上の世界も、やがて迎えるであろう斜陽の時代。経済は斜陽でも人の幸せのモデル地域を目指したいと思います。
そのためには、協力隊のように志を持ったIターンの皆さんの力は必須です。その力をどう地域とすり合わせるのか、行政が試されています。

縁を持っていただいたしいたけさん、縁のあった島根を気にかけ続けていただけれと思います。
今後ともコミット大歓迎です。それが島根発展の原動力になると思うので。

| 管理者 | 2013/01/27 20:44 | URL | >> EDIT

OBです

検索でたどり着きました。僕も大変な思いをしました。草刈り作業員でした。1年でやめました。苦労したという思い出くらいで、いい思い出はないです。担当者の考えはすごく卑しいと思いました。まともな神経ではできないです。制度自体問題ありですね。美郷町。美しくないです。

| しいたけ | 2013/01/27 19:01 | URL | >> EDIT

一番厳しいところですが、、、

林さん、コメントありがとうございます。

一昨年の記事ですから、多少変わったかもしれませんが、基本は一緒だろうと思います。
誰かが、ハシゴと再チャレンジのない社会と表現していましたが、そんな現実もありますね。
だから、若者には「未来と夢のない時代」だと。

変えて行かねばと思います。

| 管理者 | 2013/01/18 00:27 | URL | >> EDIT

厳しい現実ですね

非常に興味深い記事で,参考になりました。ありがとうございます。その後のビジョンが無いということは,大きな問題ですね。はしごをはずす,というか…。

| 林直樹 | 2013/01/15 19:44 | URL | >> EDIT

地域は寂れるだけ?

制度上の不備ですか。
それ以上に、自治体側の志というか、地域への思いが上っ面というのが寂しいことです。
いまだに、ざぶざぶお金があった時代の取れるだけ取ろうという意識?
多くの地域を疲弊させてきた構造に浸かっている。
これでは地域は寂れるだけですね。

| 管理者 | 2011/10/29 07:21 | URL | >> EDIT

この制度、自治体から総務省に対しては事前申請が一切不要。とったらとっただけ事後申請すれば特別交付税措置が受けられるというばらまき制度なのです。
事後申請に厳しい審査が付いて、下手したら採用した自治体が全額持ち出しになるかもしれないということであれば、もうちょっと考えてから人を集めるはず。
制度上の不備もさることながら、島根に来た若者が「ひどい目に会った」「ナンだったんだろう?」という感想を持って去っていくというのは、本当に地域にとってマイナスですよね。どうしたらいいのか答えが見つかりません。

| ADA | 2011/10/28 23:41 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/196-2e276ad4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。