<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

懐深い島根の中山間地

 30分ほど遅かったか!そして、もう一週間早く来ていれば!

111026yozuku2.jpg 

 湯里の「よずくはで」、やはり圧倒的な存在感でした。
 ただ、山家のお日様は駆け足です。目指す西田地区に着いた時には田んぼも家も、全て陽の陰。標高のある山々は紅葉で映えていますが、肝心の「よずくはで」は輝きを失っているようです。
 写真を撮ろうと思えば、2時には行きたいなあ、そんな感じですね。それか、朝早くとか夕方とか、、、

111026yozuku1.jpg  そして、この日、「よずくはで」にかけられた稲が脱穀されていましたが、この3つを除いてはで木だけの寂しい姿。
 まあ、次に機会もあるでしょう。

伝承のエネルギーは?
 このあと、カーブだらけの細~い坂道を走り、峠を越えて隣の集落に入ると、全く違う稲はでです。島根県の各地で一般的に見られる何段かに組んだはでと、一段のものと。
 なぜ、湯里のあの地域だけにあのような形が生まれ、伝承されてきたのか、興味をそそられますね。

 そんな「よずくはで」ですが、よく今もやられているよなあと感心します。
 きっと、地域の皆さんの思い入れだと思いますが、よその皆さんの目も意識していらっしゃるんでしょう。でも、特に何を売っている訳でもなく、商売につなげようというようなものも見えない。
 そこが島根人の奥深いところで、僕もそんな性分が好きなのですが、、、

お役所?
 途中寄った場所としては完全に秘湯!という湯谷温泉。
 行ってがっかり。サウナが故障中で閉鎖。だけではなく、そんなに多くもない洗い場も2箇所が故障中。おまけに、トイレも故障中。あっ、もちろん使えるものもありますが。
 ざぶざぶお金がある時代、行政が作った施設で、現在は地域の皆さんが指定管理を受けている。聞けば、来年度予算に予算要求をされる予定と聞いているとのこと。
 まあ、止むを得ないにしても、お客様を扱う仕事なんですけどね。何か知恵がないのかねえ。 

111026mani1.jpg何が飛び出すか?まにすけ
  何が出るのか、興味津々で向かった屋台うどんや「まにすけ」、ひょっとして簡単に見つからない?と思って向かったら案の定。
 おっと、目立たないけれど建物と建物の間に確かに屋台が!
 声をかけ、カメラを取り出すとすぐに大将がポーズ!頼んだわけではないのに(汗

 てんぷらうどんと思って行ったのですが、、、天ぷらうどんが美味いと聞いてきたけど何が美味いの?、つい聞いてしまったのが運の尽き。
 頼むつもりもなかった、材料が入ったばかりで今日の大人気とか言われて、1500円もする松茸入り茸鍋焼きうどんを注文。
 ついつい大将のペースに載せられて写真も撮らずに食べ尽くしてしまいました(>< ボリュームたっぷり、寝るまで小腹がすくということはありませんでした。

111026mani2.jpg  決してバカスカ儲かっているはずはないにしても、島根の人間であれば絶対こんな商売を思いつくはずはないと思っていましたら、やはり!です。言葉も違うと思っていたら杉並の産。高校に6年行ったというのが大将の売り。
 僕が知ったのはFBでしたが、書き込みしていたのはそんな近くの人ではないし、そこに反応している人たちもまた。
 やはり、お客さんは地元もですが、遠方が多い。

出張すし職人
 来ていたお客さんに声をかけて名刺交換をしました。彼は地元出身で松江の一流寿司屋で職人をしていたが、数年前に帰ってきた。
 最初声をかけてくれたところの商売が順調に行かず、今はスーパーに勤めて惣菜などをやりながら「龍吟鮨」という名をつけて出張すし職人の仕事もやっていると。
111027ohchi.jpg これは、人のよさそうな彼が考えたことではないなあと思って聞くと、やはり、大将の入知恵(^^
 今は、島根に一人しかいないだろうと言っていましたが、彼の職人の腕を生かしてやりたいと思った大将の発案でした。

  「龍吟鮨」の彼、見るからに人のよさげな渡辺竜次さん、おっ!誰かのブログに登場していました。
 この道30年以上のベテラン職人さんで、巻き寿司の全国大会にも出場し、広島福屋の最上階で寿司屋を開いていたという本格派だそうです。
 出張寿司ですが、10人前くらいの握り、巻き寿司等を提供して30,000円だとか。興味のある方は、090-7120-5501、lakewoo1964@ybb.ne.jpまで。

 おっと、お店は2年前の開店。当初は屋台だけだったが、冬、寒すぎてお客さんから室内もとのオファーを受けて蔵を手作り改装。お客様は暖かいところで食べれます!

 なんでもない中山間地域の朝ですが、霧と、朝日と、絶妙に照らされる紅葉の盛期を待つ木々、贅沢なところです。
スポンサーサイト

| 地域振興 | 17:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

暖かい「まにすけ」

「まにすけ」、ホットゾーンですね。
お店に入って座っていると、大将やおかみさんの人柄で暖かくなってくる、そんな感じでした。
だから、いろんな人が集まってくる、、、
きっとまた行くんだろうと思います。
ありがとうございました。

| 管理者 | 2011/10/30 09:32 | URL | >> EDIT

無事に「まにすけ」に到着されたんですね!私もそんなに近いわけでもないのに、すっかりはまってしまいました。

おいしい、ということもありますが、大将やおかみさんや、そこに集まる人々もほんとに魅力的で、またすぐにいきたくなってしまうお店ですね。

| 柔術家 | 2011/10/29 09:00 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/195-9356cf27

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。