<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

人間の能力に限界はない、実験

 「ポジティブに生きる」って大切だよなあって改めて思います。

 お正月明け、車の運転中に脳卒中になった友人がいます。
 車を道路脇に停め、最初に嫁さんに電話をしたら、すぐに救急車を呼びなさいって叱られて救急車を呼び、すぐに入院。
 幸い、開くほどではなかったのですが、結構麻痺があったのに持ち前の前向きさと明るさ、そして当然ですが、懸命のリハビリとで驚くほどに回復。もうすぐ退院の予定です。
 その彼が、内輪のメッセンジャーに下記のような思いを投稿してくれました。

 おはよう(^O^)/私しか出来ない大実験をして居ます。
 実験の題名は脳卒中の麻痺からどうしたら早く回復出来るか?

 午前、午後一時間のリハビリその時に何故、このリハビリをするのか聞きます。納得出来たら、リハビリの合間に自主トレ(^O^)/
 最近は1日2キロ以上歩きます。その中では気功をしたり走ったり(^^;; 手すりに捕まり腕立て伏せ。階段の昇り降り(^^) 疲れるので、昼寝して、夜も良く寝ます。

 患者の皆さんが私の歩き方見て、羨ましいがられます(^^)
 だから、皆さんにも必ず良くなるからもっと歩きなさいって手の麻痺のある人には手を出来るだけ使う様に言います。

 私だって最初は物が掴めなかったし、ポットを持ち上げられなかった。
 動かない手脚を動かすのは心が折れそうになるけど、努力してたら必ず動く様に成ります(^^) そう、信じる事が大切(^O^)/
 人間の能力、回復力に限界は無いと言うことを証明したいと思って居ます。
 せっかく、脳卒中で助かったのだから自分の身体で試さないのは勿体無い(^O^)/

 この投稿に、ある医師が、下記のようなコメントを寄せていらっしゃいました。

 当院でも脳卒中後遺症の片麻痺の方々が毎日いらっしゃいます。
 「もうこれ以上良くなることはないから」と神経内科医に言われ、片手は屈曲拘縮、片足は装具固定されたまま何年も大学病院や総合病院で放置されていた方が、リハビリや栄養療法・ボトックスなどによって、短期間の施術や治療で、装具なしで歩けたり腕が挙がるまで伸びるようになって、元主治医や家族が驚かれています。
 パーキンソンや高次脳機能障害、多発性硬化症など他の神経筋疾患においても、ろくなリハビリをされていないのが現状です。

 彼も書いているように、人の可能性は無限大にあると言ってもいいと思います。壁を作り、有限にしているのは、医療に身を委ね切っているほかならぬ自分自身ですよね。
 きっと、彼の実験はたくさんの人に勇気を与え、新たな一歩を踏み出すキッカケになるだろうと思います。自分も改めて挑戦しよう!
スポンサーサイト

| 医療・福祉 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/1240-5612aa24

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。