<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

鍵は自ら学ぶことのできる力?~「沈みゆく大国アメリカ」で考える

 久しぶりに我が家でゆっくりPCの画面と向き合っています。健康的ではありませんが。

県代表協議会

 6日には松江に帰りましたが、夜は自死対策に深い理解を持つ先生と懇談。翌朝、また東京。党の全国県代表協議会。統一地方選挙完勝への出発の会合でした。
 さて、安倍内閣の大きなテーマは、引き続き経済再生。その中でも地方創生は柱となる重要テーマです。ということもあり、新潟と広島の代表が地域の先進事例報告。

2015020715210001.jpg  広島県本部からは、平木広島市議(広島県本部副代表)が呉市のレセプトデータを活用した保健事業を紹介。
 新潟の取り組みもそうですが、こうした事例紹介は、われわれ議員にとって大いに参考になります。各県代表からもこれは良かったねとの声が聞こえました。
 詳細は、公明新聞に掲載予定です。

師を持つこと、話すこと
 この日の夕方、中学校時代のクラスメートに会いました。10年ぶりになるでしょうか。
 もっとも会いたいクラスメートが2人いますが、その内の一人。そうだったんだということを初めて知りました。だから、会いたいと思えるのだと。苦を乗り越えた人は強い!
 今、内田樹の中高生向け著書「先生はえらい」を読んでいます。今、人生の師を持つ人は少ない。持つためにを学びの主体性という視点から、コミュニケーションの本質に切り込み敷衍して書かれていますが、「話すとはその通り」と思える久しぶりの出会い。

鍵は自ら学ぶことのできる力?
 7日の朝、読み終えた本を棚に戻し、新しい一冊をカバンに入れ道中に読みました。
 堤未果著「沈みゆく大国アメリカ」。鳴り物入りで始まった医療保険制度改革「オバマケア」の本質と現状を報告するルポルタージュです。
 與那覇潤著「中国化する日本」、そうだ!と思いながら、イマイチ得心できていないのでもう少し咀嚼したいと読み返していますが、「沈みゆく大国アメリカ」を読んでそういうことかって、人の性のようなことも含め得心できることが多くありました。

 米国の医療保険制度は、人の尽きることのない欲望の餌食となって崩壊が目前なのかもしれません。でも、餌食となる国民にも責任の一端はあるんだろうなあって。
 それは、明日の日本の姿ともなるのかもしれません。與那覇氏は、歴史を踏まえながら、そういう方向に向かわざるを得ない世界と日本の状況も書いています。
 欲望の餌食とならない、消費されないためには、自ら学ぶことのできる力が必要なのではと思えてなりません。20年、30年先を考えた教育を提供して行きたいものです。
スポンサーサイト

| 持続可能社会 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/1213-f9770f81

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。