<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

課題解決型授業は子どもの本気が見える

 ちょっぴり、時間に追われ感のある昨今。いや、去年もだったか(^^;;

 もう、一昨日になってしまいましたが、学校図書館活用教育などが専門で、現場経験豊富な帝京大学教授の鎌田先生が松江でお話をされると聞き、押しかけました。その上、夜の懇親会にも参加させていただきました。
 前日大阪のTRCの研修会でご一緒させていただいた、母里小司書教諭の正岡先生、揖屋小学校司書の門脇さんもご一緒で、大阪で話したかったことも松江で。

150122iya.jpg 

どんな人生を歩ませたいのか
 話のテーマは、「原点に戻って学校図書館活用教育を考える」ということだったでしょうか。で、そのキーワードは今注視のアクティブラーニング
 授業力の大切さを改めて感じました。子どもの好奇心を大切にしながらやらされ感がないように仕向け、子どもが自ら学ぶ授業づくり。おお、こんな授業を受けたかった!

 しかし、情報リテラシーは活用できるまで時間がかかる。
1年を通して、子どもにどんなスキルを付けさせるのか、小学校を卒業するまでの6年間でこんな子どもに育てたいという明確な目標を持った学校・授業づくり。
 どんな人生を歩ませたいのか。それを考えての今の授業。そうだよなあ!学ぶ力を育てないと子どもは変わらない、育たない。

学習者が強いと、授業が良くなる
 学校図書館活用教育で目覚ましい足跡を残してきたある著名な小学校では、先生もすっかり変わり、良い授業ではなくなっているが、読める子どもを育てている。
 結果、学校は高いレベルにある。(読む力を持つ)学習者が強いと、授業が良くなる。

 学習指導要領改定の方向性は、説明型、講義型授業からから「アクティブラーニング」への転換が鍵となっている。そのカギは「図書館活用」。
 島根県は、そのための教育環境を作ってくれている。それに応える教育でないと勿体ないじゃないかと!知識を伝達するだけではだめ。

課題解決型授業は子どもの本気が見える
 サッカーで上達したい子は、練習や試合の時だけではなく、休憩時間も家に帰ってからも四六時中ボールを蹴っている。
 学校図書館と教科学習の関係も同じ。さまざまな授業で図書館の機能を使い切って行くことが、情報リテラシーを育て、21世紀型学力を涵養する。
 だが、課題設定は難しい。ある先生は、面倒くさい、自分でやるほうが簡単だと思ったが、司書教諭や学校司書と少しの連携を取るだけで子どもたちが主体的に学ぶようになったと。連携・協働がアクティブラーニングを可能にするんでしょうね。

 課題解決型授業は、子どもの本気が見れる。
 子どもを本気にさせる授業づくりで、豊かな人生を歩む人づくりを進めたいものと、改めて感じさせていただきました。
 
スポンサーサイト

| 学校教育 | 12:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございました

三島さん
ご無沙汰しておりました。
久しぶりにお目にかかれ、またお話しできて、楽しい時を過ごすことができました。揖屋小学校からの依頼が「課題解決型」授業についてでした。私はもう一歩進めて「問題解決学習」が必要であろうと思っています。文科省は「問題解決的」授業が重要であると言っておりますが、それは問題解決の過程をなぞらせる学習です。自ら問題を発見し(課題は課される問題です!)その解決に向かって突き進んでいく子どもを育てなければ...これを教えれば、大丈夫という世の中ではなくなってきています。問題に立ち向かうタフで頼もしい子どもたちを!図書館活用教育はそういう子どもを育てる有力な方法だと思っています。

| 鎌田和宏 | 2015/02/11 10:53 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/1203-237936be

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。