<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

邑智郡の中学校、スゴイです!

 中学校の学校図書館活用教育がパワーアップしています。
 でも、その格差はどんどん大きくなっていると思います。

大きく変わっていました
141114kawamoto1.jpg  昨日、川本中学校と石見中学校にお邪魔しました。
 川本中学校にお邪魔するのは3回目。最初にお邪魔したのは、県の司書配置事業が始まった時でしたが、クラクラが付くようでした。
 資格のない方が司書として配置され、廃棄したいのに本が少なすぎて教育委員会から待ったがかかる、図書室を図書館と名称変更したいのに、学校の理解が得られないなど、頭を抱えていました。

141114kawamoto2.jpg  その後、理解ある校長が赴任、ユルユルになるかもしれませんが、やりますよと。
 そして今回。司書も資格のある若い女性に変わり資料も充実。町の思いが現れていました。
 で、今回は授業も見学。3年国語で奥の細道を歩くという単元。これからかなあって思いましたが、きっと変わってくるんだろうなあ。

臭いが違う
 その後、邑南町教育委員会に寄り、石見中学校に。時間的にも授業の様子を見ることはできませんでしたが、司書と司書教諭から図書館でお話を聞きました。
 石見中学校も3度目。最初にお邪魔したのは今回と同じく宍道先生と。司書の思いに圧倒されたことを鮮明に覚えています。
 次は、ちょうど2年前、高鷲先生とだったと思いますが、普通教室で行われた学校図書館活用教育。ブログには辛口コメントがありました。

 図書館に一歩足を踏み入れて分かりました。臭いが全く違う。
 居心地がいい上に機能性に優れ、読書コーナーもですが、学習情報コーナーとしてアナログ的な教育を支えるインフラ要件を完備しています。
 あと、公共図書館とのコラボの意識共有ができているのは強みかなあ。ある市立図書館あたりとは、図書館員意識がかなり違いそうです。
 

141114iwami2.jpg 

141114iwami1.jpg 

いきなりの奥の院では
 で、この図書館の様子をゆっくり見る暇なく、いきなり奥の院に連れ込まれました。
 ここは、司書がたゆまず集めている様々な情報詰まっている手作り情報コーナーですが、ここに、一目で授業の質が見て取れる成果物を貼りだしてくださっていました。
 これを見ているだけで、授業の質の高さと、生徒の情報処理能力・問題意識醸成力やアウトプット力が手に取るように伝わってきます。

141114iwami3.jpg 

 それは、2年間の(いやその時は十分見えていないこともあったかもしれませんが、)、レベルアップが凄いんだろうなあって想像できました。
 恐るべし!司書教諭と司書の力が揃うとここまで行けるんだ!
 これが、人が変わっても持続できたら凄いんだけどなあ。でも、一定のところまでは可能としても、やっぱり人って大事なんですよね。

 さて、問題は生徒の育ちです。
 旧東出雲の鞁嶋町長から、高校の校長だった時、高校時代にぐっと伸びる生徒の秘密を探ったら読書量だったと聞きましたが、石見中学校の生徒(勿論、小学生からの蓄積があるようですよ)がどんな成長を遂げるのか、知りたいですよね。
 きっと、高校時代、学生時代にぐんと伸びるだろうし、人生との向き合い方が違ってくるんだろうなあって思えます。将来が楽しみな石見中の生徒ですね。
スポンサーサイト

| 学校図書館・公共図書館 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/1165-38b6f40a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。