FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

発芽玄米給食導入で生徒に変化~匝瑳市野栄学校給食センター

  きっかけは、不登校や問題行動を起こす生徒が多かったこと、動機は真田中学校と同じで、やはり学校が変わったんですね。

花もあふれ、生徒が明るい
 今日は、素晴らしい学校給食に取り組む学校があると、田中さんから聞いていた匝瑳市立野栄中学校を訪ねました。
 昨年7月に新築なったばかり、ということだけではないだろうと思います。
 周りの花壇にも、校内にも花が溢れ、生徒たちの下駄箱の上にはドライフラワーが所狭しと並べられていましたし、生徒の挨拶は元気がいいし、みんな明るい!

発芽玄米給食
 きっかけは、平成11年に着任した校長先生。やはり、真田中学校と同様学校独自の食生活実態調査。最初は、特に荒れた生徒に玄米餅を食べさせ、家庭にも進めていった。
 ここで改善がみられたことから、給食に取り入れることを提案し、週3回の米飯のうち発芽玄米を2割混ぜたご飯を2回と8の付く日に変えた。結果、真田中学校同様、 学校も落ち着きを取り戻したんですね。食の力は凄いです。
 発芽玄米は、白米よりも相当割高ですが、栄養価が高く、柔らかくて甘みがあり、特に、ガンマーアミノ酪酸(ギャバ)に神経の鎮痛作用があるからなんですね。
 栄養価では、現代の食卓に不足しがちなビタミンやミネラルなどの微量栄養素が多く含まれ、食物繊維も多く摂れるんですね。

家庭で給食の話題
 発芽玄米入りご飯の導入によって、メニューにも工夫が凝らされるようになり、食育基本法の制定なども後押しして地産地消にも熱心に取り組んでいます。
140425nosaka.jpg  そして、今日は「地産地消デー」でした。ラッキー!いただいた学校給食は、玄米入り筍ごはん、シャケの洋風塩焼き、なめ茸あえ、春の菜の味噌汁、一口ゼリー。
 出会った生徒の感想も上々。それはそうです。とても手がかかっています。校長は、時々給食が遅れることがあると。それは、手を掛けているからなんですね。
 そうした取り組みによって、児童・生徒の意識も変わり家庭で給食の話題が増え、保護者意識が変わってきたと。

 野栄給食センターは、八日市場市との合併前のセンターで、幼稚園、小学校2校、中学校1校、およそ800食の配食をしているとのことでしたが、ご多分にもれず給食センター統合が予定されていました。
 反対はなかったのかとお聞きしたところ、大体の理解は得られ、現在のような手作り主体の給食をどう継続するのか、地産地消食材の供給と合わせて細かく検討をしている最中とのことでした。

 細かいところを説明して下さった管理栄養士の長井さん、1169の小中学校・給食センターが参加した全国学校給食甲子園で、グランプリをとった方だけあり、とても研究熱心で、回転も速い。実行力もある方との印象。
 素晴らしい人も得て、今の野栄の学校給食があるんでしょうね。


余談ですが(*^^*)
140425maki.jpg 余談ですが、秋葉原を拠点に4日間いましたが、野栄中学校で頂いた280円の学校給食が一番良かった(*^^*)
 勿論、友人たちとの食事もあり、ご馳走も食べましたが、身体が一番喜んでいた食事がこの給食でした。

  ついでにもう一つ。匝瑳市は農業とともに植木の栽培が盛んで、畑と思しき所はほとんど庭木用の植木で林のようでした。
 特に有名なのがマキの木だそうで、北京オリンピックの時にはマキ特需があり、コンテナ船が頻繁に中国に向かったそうです。
 なぜ?風水でマキの木は最も縁起のいい木だそうで、中国のマイホームブームで匝瑳は潤っているようですね。
 特急の停車する八日市場駅前には、業者さんから寄贈された千数百万円はしようかというマキの木が植えられ、ひと際存在感を放っていました(笑
スポンサーサイト



| 食育 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omis24.blog.fc2.com/tb.php/1017-fdb2ec1f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>