FC2ブログ

<< 2013-07- | ARCHIVE-SELECT | 2013-09- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

足元のステキ

 日本で2番目のラムサール条約の登録地・伊豆沼、一端は施設を整備したものの、どこも手が怠くなっているんだろうなあ。
 よくあるパターンですが、箱モノ等のハード整備、造るときは割合簡単ですが、維持発展させるには気の遠くなるような労力とお金が要ります。

 視察でお邪魔した(有)伊豆沼農産は伊豆沼とは目と鼻の先。登米市サンクチュアリセンターは線路を挟んだ隣。その先に伊豆沼があります。
 ちょっと時間があったので、腹ごなしに伊豆沼と淡水魚水族館のあるサンクチュアリセンターに行ってみました。
  平日ですからお客様がないのは当たり前として、条約登録以来28年、サンクチュアリセンターや立派な野鳥観察施設、外構廻りはメンテナンスの手が殆ど入っていない様子。

130829izunuma0.jpg

 今年は、一番大切な時期の大雨の影響で蓮の花が殆ど楽しめなかったとのことですが、沼一面にピンクや白の蓮の花が咲く様は見事です。(写真では)
 この日も写真の桟橋からは、アサザやヒシの可憐な花が水面を彩っていましたし、遠目には難を逃れた蓮の花が見事でした。

130829izunuma2.jpg

 上の写真はアサザ。昼食にジュンサイが出たので、てっきりジュンサイの花だと思いましたが見事にハズレ(><
 下の写真はヒシの花。水面からちょこっと顔を出していましたが、とても可憐。

130829izunuma3.jpg 

 水鳥だけではなく、足元には、というようなステキな財産もたくさんあるのに、そんなところで時間を潰し、お金をかける人は少ないでしょうが、今、そんな“ステキ”が何よりの価値になりつつあるのに。
 食農教育を目指す伊豆沼農産の社長も、そんな価値を尊しと思っているんだろうなあと思いました。

130829izunuma1.jpg
スポンサーサイト

| 持続可能社会 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。