FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ひなびたの極み~小森温泉

 オルタナティブ協議会の今後の活動や方向性について、米田さんとの打ち合わせに行ってきました。

自然界の物を活用しては
150116okayama.jpg  向精神薬などの断薬を始めて2年の彼、気力が横溢するような爽やかな目覚めを味わったことがないとの言葉が胸に響きました。
 その彼が、未だ頭をもたげる離脱症状で苦しい時、強い生命力を感じるために来るという銀杏の大木と、源泉かけ流しの温泉に案内してくれました。

 作物に話しかけると生育が違うという話を聞きますが、大木の持つ生命力に感応する人の生命も自然の持つ妙なんでしょうね。
 また、離脱症状で苦しい時、温泉で温まると楽になり、ぐっすり眠れるとのこと。
 体温と免疫力の相関はよく言われることですが、湯治って言われるくらいですから、デドックス効果やさまざまな薬効もあるんでしょうね。こうした自然界の物を活用して、自己免疫力を高めるなどの取り組みがもっと見直されてもいいのかもしれません。

小森温泉
  さて、米田さんに案内してもらった小森温泉、ひなびたという言葉はこの温泉のためにある?というか、ひなび過ぎているというのか。
 設備は老朽化、浴室は半地下のようなところに小さな窓二つ。脱衣室の天井は僕の身長でも梁に頭が付く、いやはやです。アメニティーグッズはゼロ。
 でも、お湯は最高!湯船に入って肌をさするともうツルツル!女性にはたまらない?

150116komori2.jpg
 
 湯船は二つ、熱いお湯とちょっぴりぬるめの湯。僕はぬるめの湯が好きです。熱いお湯は、長時間は辛いなあって。いつまでもゆっくり浸かっていたいお湯です。
 泉質は、アルカリ性単純温泉(緩和性アルカリ性微温泉)、リウマチ、骨及び関節などの運動器障害、外傷性障害の後療法、筋肉痛、神経痛、疲労回復、アトピー性皮膚炎などに効能ありとあります。

150116komori3.jpg

150116komori1.jpg  入湯料は、この設備ではちょっと高めの?大人600円、子ども450円。
 でも泉質とひなびた風情に価値ありと思えば、とてもお安いかも (^o^)
 一足伸ばして、行ってみませんか?


 あっ、肝心なことを。一般に薬が抜ける期間って、飲み続けた期間の半分だとか。薬って当然薬効もありますが、副作用もあるんですよね。
 薬を断つ決断をし、今も闘い続ける米田さん。薬を断って精神症状は消えたが今も離脱症状に苦しむ。そんなことも知ったうえで、医療と向き合うことが必要かもしれません。
 
スポンサーサイト

| 極楽!温泉 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初有馬温泉

 稜線まで青い空に覆われた素晴らしい秋晴れ。早いもので、妹の7回忌で兵庫県に来ました。
 高齢者を抱えると家族の行動も制約が多くなり、「遠いねえ、遠いねえ」と繰り返す母のために初有馬温泉です。

 朝風呂にもつかり、極楽気分です。が、お風呂場に掲げられた説明書きを見てちょっとびっくり。
 弟が、有馬の公衆浴場に金の湯、銀の湯と2種類があって、両方入ったが、銀の湯は消毒臭くて良くなかったと言っていました。
 金の湯は、源泉そのままなんですが、銀の湯って温泉水をろ過したものと思っていましたら、水道水を加温したものと書いてあるんですね。

141019arrima.jpg  へえ、考えてみれば、ろ過装置まで備えるとなるとコストも大変だから、そうなるんでしょうね。
 有名温泉のお風呂が温泉水ではなく、水道水ってちょっぴり淋しい。
 僕ですか?はい、ちゃんと昨夜も今朝も金の湯で温まりましたよ。

  これから、松江に向けて出発です。

141019daisen.jpg

| 極楽!温泉 | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

寝不足の朝、三瓶荘の温泉

  卒業式シーズン只中の春の嵐。
 県議会裏の梅の花ももう終わり。駆け足だなあと感ずる日々。

130313misato.jpg 昨日、美郷町の「有機農業理解促進講座 講演会」の講師が旧真田町教育長だった大塚先生と聞き、知人を誘って参加してきました。
 演題は「食を変えれば人は変わる」。お話は、先生の執筆された本や直接聞いたお話と重複するので、僕的には新しいものではありませんが、ぜひ聞いておきたいと思うことがあっての事でした。

 昨夜は、「三瓶荘」で話しが弾んで深夜2時。
 肝心な話はそんなに長くなかったのですが、、、

 この講演会に、最近あちこちで出会う知人が面白い人達と一緒に参加していました。
 その方の取り組みの一つは、食によって発達障がいを克服しようとするもの。
 大塚先生の本を通してこうした話に興味を持ち、関係の本を読み、発達障がい支援の専門家に意見を求めたことがありましたが、このたぐいの話に対する専門家の皆さんの壁は想像以上で、絶壁のようかも。

130313sanbesou.jpg  興味を示す皆さんが相当ありそうですし、わが国ではあまり知られていない話ですから、一度専門家の先生をお招きして勉強会ができないだろうかと考えています。

 これから常任委員会。
 話が弾んだことや、三瓶荘の露天風呂!と朝早く起きたこともあり寝不足気味。でも、がんばるぞ。

 ついでに、三瓶荘のお風呂ですが、泉質はナトリウム塩化物泉で泉温は37度。
 広めの内風呂と趣の異なる露天風呂が8つと10。朝夕で男湯と女湯が入れ替わりますから、泊まれば最大20種類のお風呂が楽しめます(*^^*)
 もう一つおすすめは、別館。これは以前にも書いたかも。

| 極楽!温泉 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

泊まって騒ぐ?~八雲温泉ゆうあい熊野館

 先日、雪の舞う中でしたが、八雲温泉ゆうあい熊野館で贅沢時間を過ごしました。

130219kumano.jpg  大東町に抜ける県道53号線沿い、そんなことを言うより熊野大社の前、と言った方が早いですね(*^_^*)
 松江市内からおよそ20分くらいでしょうか。
 ありがたいことですが(^^ 地域おこし自治体間競争が華やかりし頃に出来た施設です。

 行った日はなぜか駐車場がいっぱい。やけに何とかマークの車と方向が一緒の日でした。入っていくと、ロビーには少し前の若い衆でいっぱい(^^ お風呂は!?と恐々でしたが、お風呂はそこそこ。
 もっとも、入浴のお客様は少し前の若い衆、、、それって、僕もだ! がほとんど。

 施設ですが、内湯と露天風呂の二つ。内湯はプール並!とも思えるゆったりサイズ。露天は岩風呂で、結構広い。ただ残念ながら掛け流しではありません。
 泉質は含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉だとか。泉源は地下700メートルで44.8度。
 ですが、湯温は僕好みでしょうか。ちょっと温め。特に、この時期の露天風呂にはいくらでも入っていられそうです。

 入浴料は400円。サービスは、ヘアドライヤー以外はありません。
 微妙な値段ですからね。
 施設は贅沢。泊まりも宴会も食事も全部OK。お土産コーナーも充実。同窓会など、泊まって騒ぐ、最高かも。

| 極楽!温泉 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

温まります!頓原ラムネ温泉

 炭酸泉って、本当に温まりますね。

130217ramune2.jpg  帰り、日本一?と聞く炭酸泉、「頓原ラムネ温泉」を楽しみました。
 以前、お風呂場も見せていただいたことはありますが、一度行ってみようと思いながら機会がなくて、やっと今日。
 でも、あまり時間が取れなくてちょっぴり残念。

 そのラムネ温泉、温泉内の掲示によれば、1000ppm以上で炭酸泉、それが頓原ラムネ温泉は1400ppmとのこと。日本一かどうかはわかりませんが、日本でも有数のようです。
 泉質は日本で有数のようですが、施設はこじんまりしていて、男湯では内風呂が一つだけ。洗い場は4人で満席(^^;
 そんな感じですからロッカーも10人分のみ。でも、入浴料はちょっと高めの500円。
 この設備では割高感がありますが、泉質に誘われて客足が絶えないようです。 

 今日も、浴室に入ると先客が3人。2人が出て行って、あ~ゆったりと思っていると若者が3人。
 聞けば大東から。スキーの帰りとのことでしたが、木次にも奥出雲にも大東にももっと割安温泉があるのに、、、
 その後さらに2人。人気あり!

130217ramune1.jpg 源泉は1.5キロ先と書かれていましたが、温泉の隣には写真のような小屋があり「ラムネ銀泉の源水です 自由にご使用ください」と書かれています。
 源泉から引いてきたものの余分がここで流されているということ?

 そこはよくわかりませんが、源泉は14.5℃、お風呂は38℃から40℃、なるほどぬるめですが、僕の好きな温度。
 ゆっくり入ると温まって、出てから汗が出てきますと。なるほど、その通りです。
 もう少しゆっくり入りたかった。

| 極楽!温泉 | 22:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。