FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ありがとうタッチ

 議席にありがとうタッチですね。ってメールを頂き、そうだよね、いくらなんでも。

ありがとうタッチ
 今日は、定例議会最終日。人生最後の議会と最後の議場。最後ですが、不思議なほどに高揚感や感慨がありません。
 きっと、終わってからのこともいろいろ考えているので、そっちにエネルギーを使っているから、振り返ってどうこうがないからかもしれません。

150306gijyou.jpg  20年間お世話になった議場には、恐らく来ることはないだろうと思っていますが、同僚議員の質問を聞くのもいいのかなあってチラッと。
 その時には、傍聴席から。景色はどう変わるんでしょうか。それも楽しみかも。
 それでも、ちょっとは感傷があった方がいいかなあって思い、ありがとうタッチアングルで写真を撮ってもらいました。
 おっ、やっぱりうれしそうな顔か(^^

IT人材の育成

 そう言えば、今議会は県の新年度施策についての報告はほぼしていませんでした。
 と言うことで一つだけ。一昨日の常任委員会で、情報産業関連予算が大きく増額されていますが、その一つに、専門高校で社会人専任講師によるRubyを使った授業に取り組む高校が増えることになっているとの報告。
 最初にRubyによる情報産業振興を取り上げたのが丁度8年前ですが、人材育成が情報産業振興の中心課題の一つで在り続け、学校での取り組みも提言してきました。

 それが、学校の授業での取り組みや中学生Ruby教室、プログラミング甲子園などと形になってきました。でも一方では、ちょっぴり複雑な思いはあります。
 情報機器とのディープな接触は学生になってからでも遅くないのでは?それまでは、アナログで問題解決できる力をしっかり形成する方が先決ではって思い始めたから。
 それは、学校図書館への司書配置が始まり、学校図書館活用教育が進みだしたことと、子どもとメディアの問題を深く考えるようになったからです。
 メディアリテラシーは必要不可欠な時代ですが、情報機器との本格的なお付き合いは自分を制御できる力が付いてからでも遅くないのではと。

IT企業誘致拡大
 それにしても、IT人材の枯渇という事情があるにしろ、こんな県の積極姿勢もあって、情報関連企業の誘致が飛躍的に増えています。
 24年度4社、25年度4社、なんと、26年度には10社の企業誘致の実績です。一貫して情報産業の振興に取り組んできましたので、ちょっぴり嬉しいです。
 今後、コワーキングのような形なども含め、クリエイティブな仕事の拡大が進めばといいなあって思います。島根ってそんな働き方がお似合いだと思います。
スポンサーサイト

| 議会関係 | 19:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人生最後の議会質問

150225situmon.jpg  人生最後の議会質問が終わりました。
 余り感慨のようなものはなく、淡々と時が過ぎる中での一シーン、という感じだったでしょうか。

 答弁ですか?へえ、そんな発言をされるんだってのもありましたが、大方は想定の範囲内でしょうか。
 不満もあったので再質問をとも考えましたが、最後の質問で大人げないと思うのが僕の美学のようなものですので、控えました。
 その不満ですが、今までもブログに書いてきたことなので、敢えて書きません。でも、やはり交わらないんでしょうね。

 質問の項目などは、先日のブログに書いた通りです。質問の全文は、下記のサイトにUPしました。

 2015年2月議会 一般質問

| 議会関係 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

多世代同居は芯柱

 首長は、パッション(情熱)があった方がいい?それともなくてもいい?

溜め息と閉塞感
 そんなことを考えながら園山議員の一般質問と答弁を聞いていました。
 僕?もちろん、あるべきだと思うので、ため息をつきながら知事の答弁、いや、説明?を聞いていました。だから?感じるんでしょうか閉塞感?

 園山議員の質問は、いつもながら質問項目は簡潔ですが、前置きが激しく、厳しい。そして長いけれど、説得力があります。
 で、その前置きは、答弁を求めているわけではないのですが、あそこまで激しく、厳しく言われながら、そこは完全に受け流し、質問への答弁だけ。
 同意することや感じることはあるだろうし、反発や反論もあるでしょうが、一切反応せずに求められた質問に淡々とお答えになる知事。
 大人?それとも完璧な官僚?改めて少なくとも政治家ではないように思いました。

多世代同居は芯柱
 あっ、園山議員の「多世代同居は、さまざまな施策の芯柱」。この切り口はスゴイと思います。我が家も4世代同居。見える地平が明らかに違うだろうと思います。こんなところに、知事はコミットして欲しいものだと思いました。
 ただ、園山議員らしい視点での質問も、行政主導には限界があるよなあって。空き家対策にしたって、マニュアルじゃない。成功しているところには人がいて思いがある。
 と同時に、最後は、住む人の意識だったり価値観次第だよなあって。どんな素晴らしい施策だって、予算をどぶに捨てるような結果だってあるんですよね。

5人中3人が女性
 今日の議場は華やいだ雰囲気でした。僕から見て右側の雛壇の最前列5人中3人が女性。教育委員長教育長公安委員長警察本部長人事委員長
 でもね、左側は全員男。知事部局の執行部席ですが、未だ女性が座ったことがない席。右側2列目は全員男。な~~んだ!24人中3人なんですよね。
 男女共同参画、掛け声は勇ましいですが、男社会構造の変革は多難です。


勝てるか草取り男と玉ねぎ
150224tamanegi.jpg  畑では、春の収穫に向かって、チョッピリの野菜ですが頑張っています。
 玉ねぎ、今年は追肥が大変だからとマルチをやめて代わりにスクモ。先日は、追肥にボカシをあげました。でも、既に雑草に悩まされつつあります。勝てるか草取り男と玉ねぎ!

 出来ですか?見ての通り、結構太ってきた。と言っても、これは写真のマジック、というか、2~300本植えた数本。
 最後にどうなるのか?せめて半年分でもできたら超嬉しいのですが、現実はなかなか(^^;;
 自然は、そんなに人に優しくありません。

 今日は、我が家の近くの畑と、東出雲の畑の全貌を大公開。全部で正味4畝ほど。

150224tsuda.jpg 

150224higaimo.jpg 

 この写真をにらみながら、作付計画を作らなきゃならんのですが、時間が(><
 

| 議会関係 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

県土論と質問項目

 起きて洗面所で自分にご対面。あっと吃驚、ウサギのお目目になっていました。
 昨夜、3時前までかかってPCの質問原稿とにらめっこしていました。その前日は、農作業の共同作業で筋肉痛の因を仕込んでましたから、相乗効果だった?

やっぱり、すれ違い!?
 今日は、一般質問。トップは五百川議員で、質問は県土論。実は、僕の最後の質問もほぼ同じ趣旨。知事はどこまで踏み込むのか固唾をのむ思いで聞きました。
 結果はやっぱり。答弁は質問とすれ違い。五百川議員は、ある意味では砂を噛むような気持だったのではないかと想像しています。
 溝口知事は、安全運転を心がけていらっしゃいますから、安心感はあるものの、官僚としては合格でも政治家としては及第点ではない、そんな思いなんでしょうね。

 五百川議員は、明確な県土論を示し、国がどうあれ、永田町がどうあれ、その実現に向かって努力する。島根は島根の我々が守るのが大儀であると発言されました。
 僕も、30年後、50年後、100年後の島根のあるべき姿を描き、バックキャスティングで今ある課題となすべきことを擦り合わせながら進むべきではないかと考えています。
 五百川議員の質疑も踏まえ、昼休みに初稿を仕上げて執行部に送信しました。

最後の質問項目
 最後の質問は、
  1. 持続可能な島根について
  2. 図書館問題について
 の2項目ですが、1. は知事の思いを聞く予定。
 2. は、人づくりは未来を決するとの思いで、議員活動のライフワークとして取り組んできた課題。学校図書館活用教育の充実への決意と、県立図書館の在り方について、検討をお願いすることにしています。
 最後ですから、感謝の思いを述べながら、さらっと終ろうと思っています。

 あっ、僕の最後の一般質問は、一般質問の最後、25日の13:00からの予定です。

| 議会関係 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

代表質問

 今日から質問戦。自民議連の中村議員、民主県民クラブの須山議員が代表質問。

 中村議員が自分が知る限り、未だかつてない33項目49問の質問を取り上げました。最後は随分早口になりましたが、それでも時間オーバー。
 最初の質問は、国の経済財政運営について。やはり、中村議員ってリベラリストだ!って改めて感じる論理展開での質問。
 いつもよく勉強していると思えますが、特に今回は、定数1の選挙区で、熾烈な前哨戦の最中だろうとと思いますが、そんな中でよくぞと思います。

 中村議員の主張は共感できるところが多いし、教えられます。
 今回の質問も、わが国の現状を踏まえた格差問題の認識や、中間層や弱者への配慮が足らないのではというアベノミクスへの評価など、相当思い切った発言でした。
 持続可能な地域をというテーマで最後の質問をと思いますが、降りる生き方をすべき時代ではないかとの認識の僕は、きっと中村議員よりかなり過激かもですね。

150220spring.jpg 

 久しぶりに訪ねた東出雲の畑でツクシを見つけました。春、もうすぐですね。


 


| 議会関係 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。