>> EDIT

選挙結果で思うこと

 心配した通り、投票率が戦後最低の52.66%。
 まあ、お陰で公明党は中国2議席を確保し、現制度初の35議席。自公で2/3を9議席も上回る326議席。ご支援いただいた党員・支持者、そしてご配慮いただいた自民党関係者の皆様には、心より御礼申し上げねばなりません。

 で、絶妙だと思うのは、自民党単独で2/3確保か、などとマスコミが報道してくれたお陰で、仮に安倍さんが暴走ようとした時、歯止めとなりうる確たるキャスティングボートを公明党に与えて頂いたのは、国民の良識ある民意の結果であろうと思います。

 ただ、本当にこれで良かったのか?
 民意は最大限に尊重しなければなりませんが、その民意は2人に1人の有権者の民意が現れたに過ぎないという点と、今回の選挙結果も3年4カ月余の民主党政権の余りの不甲斐なさに依っているということを肝に銘じなければならないだろうと思います。

 政治学者の御厨貴は、民主党が国民の信頼を取り戻すには10年かかるだろうと共同通信が配信した記事に書いています。
 残念ですが、今回の選挙は、御厨氏のその見方を裏付ける結果ではないかと思います。ただ、その結果、政治への諦め現象が一層広がり、史上最低の投票率になって表れているだろうというのは余りにも寂しいことだと思います。
 自民党は変わっていないだろうと思います。その自民党が大勝。

 残念だと思うのは、政治家を育てるという気持ちが国民にあるのか?という点。
 僕は、政治家を目指していた訳ではありませんが、仮に政治を志していたにしろ、その世界に入ってぶれずに国民の負託に応え続ける、すぐに結果を出し続けるのは至難だろうと思えてなりません。
 政治家は、有権者が育てる。有権者の懐の深さが、より豊かな政治を醸成する鍵を握っているんじゃないかなあなんて思います。

 今日、ある県議と、そんな有権者を育てるのは教育だよねって話しました。

| 未分類 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

投票所に足を運ぼう!

 猛烈な風と雪が横殴りの中、脳ミソも舌も凍りつかんばかり、結局何をしゃべったやら(^^;; という自由民主党の竹下亘候補の打ち上げ遊説での応援演説。
 冷や汗を通り越して汗が凍りつきました。その選挙運動も今日で終わりました。

10551119_572228679544676_5158226266886606890_n.jpg 昨日12日には、山本博司参議院議員が竹下候補の応援演説に立たせていただきました。
 1区細田博之候補、2区竹下亘候補、比例区は公明党!で自公連立政権でローカルアベノミクスを前進させてください!


 さて、期日前投票は前回選挙をかなり上回っているようですが、全体の投票率はどうなるのか?同僚議員をはじめ、選挙に関わっている皆さんの感触はやはり低調。
 国民から政治が愛想を尽かされる状況は相変わらず、というか、超スピードで進む少子高齢化、人口減少、縮小社会の中で、国民生活を守るための政治に、有効な手が打てていないと感じる国民が一層増えているのだろうと思います。
 もっと、直面する現実を提示し、国民が状況をしっかり見つめ自分の人生と国の未来の在り方を考える、そこに積極的にコミットする政治家の姿勢であって欲しいです。

 昨日の新聞の論説には、特に若者の投票率が低いと書かれていました。
 以前から指摘され続けていることですが、候補者はやはり投票してくれる世代に迎合する政策に重きを置くようになるんでしょうね。
 若い世代の皆さん、愛想を尽かす前に投票に行き声を上げましょう!
 凍りつく風雨に負けないで投票所に足を運ぼう!

| 未分類 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

街頭遊説予定

益田に来ています。今日は、一台しかない比例区公明党の選挙カーが島根に来ます。定例会時期ですから、何台もあっては困りますが(^^;;
比例名簿登載の斉藤幹事長代行と一緒に、朝、日原を出発し、日本海側の主要都市で街頭演説会をすることになっています。予定は下記の通り。

9:00 日原道の駅
10:00 益田商工会議所前
11:45 浜田合庁前
13:20 江津市グリーンモール前
15:00 大田市パル前
17:00 ラピタ平田店前


ご都合の付く片は、ぜひ足をお運びください!

| 党活動 | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本文明的学長選挙?

学会ってのは
 へえ~~、学会ってのはこんな論議をするところなんだ!わかったような話なんですが、でも、実際に自分の目と耳で直接触れると感慨は違います。

141206kiji.jpg  一昨日、図書館関係の学会があり、5つのセッションがありました。
 途中で参加した関係で、お話が聞けたのはその内の3つ。専門家じゃないし、、、で、僕の琴線に触れたのは一つ。他にも聞きたいセッションはありましたが。
 この一つは、マイクロライブラリーがテーマで、 提唱者である磯井さんが発表してくださいましたが、自文庫をどう進め、開いていくか考えるいい機会でした。

絶望的とは言いませんが
141206tyuou.jpg  先ほど知人から電話がありました。スピーカー越しにいきなり、重いテーマを突きつけられ、電話でそのことについて今感じていることを語ることになりました。
 それは、一昨日の山陰中央新報で報道されていた島根大学の学長選挙絡みの話です。(記事はサムネイル表示です)

 記事を見た際、へえ、島根大学らしい話だなあって。そして、アカデミアって、イノベーションとは相当(絶望的とは言いませんが)相性の良くない世界なんだろうと思います。
 冒頭の学会でも、その研究や論議は必要なんだろうと思うけど、公共図書館の明日をも知れない時に、そんな論議をするんだと驚きました。教育界ってそんなもの?

日本文明的学長選挙?
 電話の主は、島根のさまざまな課題解決のためのナレッジ形成のプラットフォームとして、島根大学に大いに期待していました。選挙に敗れた小林学長は、その象徴として改革を推し進めようとしていました。でも、それは守旧派には辛い。
 今、與那覇潤著「中国化する日本」を読んでいます。この書名を見ただけでカチンときて、そんな話聞きたくもないと拒否反応を示す人も多いだろうと思いますが、お考えのような話では決してありません(^^;;
 この本の視点から見える島大の学長選挙って、本当に日本文明的なんですよね。

 中国は宋朝に社会構造をガラッと変えた。皇帝を絶対として位置づけ、科挙の導入によって貴族などの既得権勢力を一掃し、国民の自由を保障したんですね。1000年前です。
 今のグローバル社会の構造は1000年前に作られたこの体制だと。
 大きく後れを取っていた西欧は、拡大化政策を取らなかった中国のお陰で、小賢しく富を手中にした。大英博物館は、その象徴かも知れませんね。

どれだけ国から分捕るか
 さて、日本にも中国化の流れはあったが(平家と足利の南北朝時代)、その反対を歩み続けてきた。象徴は徳川の江戸時代で、既得権擁護によって国を治めてきた。
 この構造は、今も大差ないかもしれません。政治のありようを眺めていると、そうとしか思えません。内発的に変革できる何て妄想かなあって。
 その象徴は、国と地方の長期債務残高1,010兆円!!! でありながら、どれだけ国から分捕るかが、地方行政の最も大きな目標です。

 国民一人あたりの借金は1,000万円です。よくよく知りながら、どうより多くの分け前にありつくかに汲々としている政治家であり行政マンです。
 あっ、厳しく言うとですね。僕もその構造の中にどっぷり浸かる一人ですが(^^;;
 本を読み始めたばかりなので、どんなところに収束するかわかりませんが、否応なく中国化せざるを得ないだろうってことなんだと思います。
 でも、間に合うのかなあ?

 おっと、話題が拡散してしまいました。冒頭の話と、学長選挙がオーバーラップしたような、、、
 そして、解決への道筋、簡単ではないなあって。でも、一人から始まるって。
 

| 持続可能社会 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

街頭演説会

 骨身も凍みそうな寒風の中街頭演説。自民党関係者だけではなく、あこがれだった女優・岸本加代子さんも応援に来てくださいました。

141205gaitoh.jpg  島根初の遊説カー入り。安来、出雲、奥出雲、松江の7カ所で街頭演説会。
 僕は、議会などの関係で、安来と奥出雲、松江会場に。松江の3ヶ所は、岸本さん、公明党西田参議院幹事長、自民党の五百川県議という超豪華な応援陣。
 こんな豪華な街頭演説は、生涯二度とないかもしれません。そんな会場で司会のマイクを持ちました。

 解散直前に成立した地方創生を進めるためのまち・ひと・しごと創生法。
 公明党では、法に基づきどんな具体的な処方箋を作るのかと「活気ある温かな地域づくり推進本部」が設置され、検討が始まっていますが、その本部長が今日の街頭演説会の主役、比例区中国ブロック名簿の二番目に搭載された桝屋敬悟さん。
 名簿登載一番は島根県邑智郡旧羽須美村出身の斉藤鉄夫さん。桝屋さんは山口県阿武郡阿東町徳佐出身。どちらも最先端の中山間地域です。

 そんな斉藤、桝屋の二人は地方創生を推進する公明党の旗手。
 皆さんの力でこの2議席を死守させて欲しいものです。

 あっ、写真は雪の中での奥出雲町の街頭風景です。

| 党活動 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>